<< “大衣哥”朱之文 私の好きな中国歌099 忘れ水 >>

私の好きな中国歌100 俺はちっぽけな小鳥

我是一只小小小小鳥
想要飛呀飛卻飛也飛不高
我尋尋覓覓尋尋覓覓一個溫暖的懷抱
這樣的要求算不算太高


俺はちっぽけなちっぽけな小鳥さ
飛びたくても飛びたくても高くは飛べないのさ
俺は探してる探してるんだ温かな巣を
こんな願いは贅沢なんだろうか?

《我是一只小小鳥》
趙傳


これは情けなくてカッコ悪い歌です。大の大人が、「俺はちっぽけな小鳥さ、飛びたくても高くは飛べないのさ、俺は探してるんだ温かな巣を、こんな願いは贅沢なんだろうか?」なんて情けないセリフを一生懸命詠う歌です。歌ってる趙傳もカッコ悪い。ぱっと見その辺のおっちゃんです。でもその姿からは想像できない素晴らしい声です。高音の素晴らしさに加えて、おっちゃんにしか出せない哀愁の味があるロックバラードの名曲です。

今の世の中、みんなが大きな願いを持ちすぎるからうまくいかないんだと思います。お金を人よりいっぱい儲けたい、なんでも人より大きいほうがいい、一番がいいと欲張りすぎです。所詮「座って半畳、寝て一畳」、温かな居場所さえ見つかれば俺は幸せだよ~って歌うのも良いかもしれません。

ビートルズを想わせる青春のロックンロール、カッコ悪いおっちゃんの趙傳と自分の姿が重なりあう、この曲が今の私のベスト1です。





我是一只小小鳥
作詞・作曲:李宗盛

有時後我覺得自己像一只小小鳥
時に俺は、自分がちっちゃな小鳥だと感じるんだ

想要飛 卻怎麽樣也飛不高
飛びたいのにどうやっても高く飛べないさ

也許有一天我棲上枝頭 卻成為獵人的目標
もしかしたら俺はある日枝の先に止まって 狩人の的になるかもしれない

我飛上了青天才發現自己從此無依無靠
俺は青空を飛んで、これから頼れるものは何もないってわかるんだ

每次到了夜深人靜的時候我總是睡不著
夜が更けてみんなが寝静まる頃、俺はいつも眠れない

我懷疑是不是只有我的明天沒有變得更好
俺の明日だけがこれ以上良くならないんじゃないか

未來會怎樣究竟有誰會知道
この先どうなるかなんて結局誰にもわからないさ

幸福是否只是一種傳說 我永遠都找不到
幸福なんてただの言い伝えじゃないか 俺には永遠に見つからないのさ

我是一只小小小小鳥 想要飛呀飛卻飛也飛不高
俺はちっぽけなちっぽけな小鳥さ 飛びたくても飛びたくても高くは飛べないのさ

我尋尋覓覓尋尋覓覓一個溫暖的懷抱
俺は探してる探してるんだ温かな巣を

這樣的要求算不算太高
こんな願いは贅沢なんだろうか?

[PR]
by chinafish | 2010-09-21 21:05 | 中国歌
<< “大衣哥”朱之文 私の好きな中国歌099 忘れ水 >>