<< 「殷」王朝の遺跡その2 鄭州商城 古代中国の建築技法-「版築」 >>

「殷」王朝の遺跡その1 偃師商城

場所:河南省偃师市
時代:BC1600頃?
種別:都城
b0102720_17434556.jpg

中国最初の王朝と言われるのが、「夏」王朝。

しかし夏王朝はその実在が正式に認められているわけでは無いらしい。

いわゆる中国最初の王朝は、殷(または商とよばれる)王朝とするのが一般的である。

その商王朝初期の都とされるのが、河南省偃师市にある「偃師商城」である。

大小2つの城壁と宮城の城壁による3重の城壁で構成される。

外側城壁は、南北1700m、東西1200mで、5つの門がある。

宮城は2mの城壁で囲われ、南よりに複数の宮殿跡が密集している。

そのうちの5号宮殿は東西104メートル、南北91メートル。

いわいる囲壁城址として、外壁の侵入阻止・洪水対策の機能を持つとともに、外界や異民族と境界区分を象徴する都市として成り立っている。

すなわち、農業を営む定住民と、その富を略奪する遊牧民という構図が、中国古代城壁都市の成り立ちから見えてくる。
[PR]
by chinafish | 2005-05-24 17:44 | 中国建築
<< 「殷」王朝の遺跡その2 鄭州商城 古代中国の建築技法-「版築」 >>