<< 陝西 周公廟遺跡 「殷」王朝の遺跡その2 鄭州商城 >>

「殷」王朝の遺跡その3 殷墟

b0102720_195404.jpg場所:河南省安陽市小屯村
時代:BC1400~1100
種別:宮殿、墳墓、住居等


殷の遺跡の中で、最大かつ最も有名なのが、「殷墟」である。

殷王朝も夏王朝と同様に伝説の王朝とされていた。
しかし、遺跡(殷墟)や甲骨文字が発見され、その実在が証明された。

「殷墟」は、殷王朝後期の首都であったとされる。

一九二八年以来発掘が進められ、宮殿跡、竪穴住居跡が多数発見され、王墓とみられる
11個の大墓も見つかった。
この大墓は人・獣の殉葬をともなっている。

また、青銅器、石器、玉器、陶器、象牙製品が多数発掘されている。
甲骨文字の刻まれた亀甲・獣骨が数多く見つかった。

殷は13回遷都したとみられているが、殷墟への移動が最後の遷都であったらしい。

王朝の国号は「商」であったが、遷都した地方が殷とよばれていたことから、
国号が「殷」とも呼ばれるようになった。

それから三百年近くの間、ここはずっと、商王朝の政治、文化、経済の中心であった。

紀元前1046年、周の武王が、商の最後の帝王 紂王に勝ち、商王朝が滅亡した後
廃墟となった。

現在わかっている面積が約24平方キロ、そこに王宮、祭祀所、王陵、一般人の墓地、
甲骨・銅器等の製作所が多数分散しており、都市として成り立っていたことが推測
される。
城壁は見つかっていない。
建物の構造は推測するしかないが、版築の壁に木造屋根ではないだろうか。
青銅器等をみるかぎり、装飾に風を凝らしていたことも考えられる。

写真は、殷墟を記念して現地に建てられた博物館。
発掘された人形の表情が非常にユーモラスだ。
b0102720_1961415.jpg

[PR]
by chinafish | 2005-05-31 19:03 | 中国建築
<< 陝西 周公廟遺跡 「殷」王朝の遺跡その2 鄭州商城 >>