<   2005年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

China Fish!!(05706wed 雨)

b0102720_623835.jpg毎日まじめな中日友好話を書こうと思っている。

なのに何故か、平凡などうでも良い話ばかりだ。
きっと私の生活態度に問題があるに違いない。

だから今日は、普段の生活から離れた上海の話を書こう!
上海で私の一番好きな場所は、水族館だ。

浦東に入って最初の地下鉄の駅に近い。
周りを高層ビルに囲まれ、なんでこんなところに作ったの?というちぐはぐさが中国らしい。
地上に見える部分は小さいが、地下に随分と広がっていて結構時間がつぶせる。
一人で上海に来たときなど、よく2,3時間ここでボ~っとする。

入場料は1300円ほどで、一般庶民からみれば随分と高い。
だからそんなに混んでなくて、裕福そうな家族連れがのんびり休日を過ごしている。

ここにいると、普段の騒がしい中国とは違ったくつろぎが感じられる。
まあそれでも、お客は結構うるさい。
人懐っこいから知らない者同士いきなり魚論議をしたりする。
やっぱり中国だ。

おっとこれはサンショウウオに似ているなあ、なんだろう?
・・う~ん・・全然動かない・・息をしてないしこれはニセモノだ

よくみると、ところどころの水槽の中にニセモノの模型が置いてある。
日本ではありえないが、中国では水族館の魚にも偽物がある。

たぶん飼ってるうちに死んじゃったんだな。仕方ないよ。
模型でも十分わかるし、無いよりいいわね。

たぶんこんな発想だ。
中国人化してすんなり受け入れている自分が怖い。

長江(=揚子江)の空中写真とともに、いろんな長江の魚を集めて置いてある場所がある。
さすが広い国だ。ひとつの河にいろんな魚がいるもんだ。
でも今ひとつぱっとしない顔ぶれだね。田舎の町内会みたいなすごく地味な顔ぶれだ。
濁った川底でボーっと暮らしている顔だ。
でも片田舎の長江沿いで暮らす私も、似たようなもんかもしれないなあ。
陸に上がって、居を構えるわけでもなし、鳥みたいにあっちこっち自由に広い国を飛びまわれるわけでもないし。

ふらふらと不安定に漂って、濁った水の見える狭い範囲で、世界を感じて生きている。
広い中国で、誰がどこで何を考えてるなんてわかりっこないぞ。

私の生活も長江の魚と似たようなもんだ。
平凡などうでも良い日常ばかりだ。

だから私は、China Fishだ。
う~ん、あんまり上海と関係ないか。
[PR]
by chinafish | 2005-07-06 06:18