<< Cpod Intermedia... Media - 是飞碟吗? >>

火星人がやってきた!


b0102720_20553193.gif
UFO、宇宙人といえば、オーソン・ウエルズのラジオドラマ
「火星人来襲」を思い出します。
といっても聞いたことがあるわけではありません。

H.G.ウエルズの空想科学小説「宇宙戦争」を原作としたこのラジオドラマは、1938年アメリカで放送され、オーソン・ウエルズの迫真の放送により、事実だと誤認した人々で大パニックが起こったとか。


b0102720_20593877.jpg

一躍有名となったオーソン・ウエルズ、俳優兼監督としてその後活躍していきますが、1947年の作品「上海から来た女」がオンデマンドTVで放送されているので久々に見ました。

随分昔、学生時代に映画館でリバイバル版をみたのですが、知る人ぞ知る隠れた名作、でも筋はほとんど忘れていて最後の有名なCRAZY HOUSE(ガラスの館)の場面だけが記憶に残っていました。

美人女優リタ・ヘイワースが、上海帰りの悪女を演じるのですが、そのセリフの一つ

“I was taught to think about Love in Chinese”
(愛は中国語で考えるように教わったわ)

こんなセリフ、中国語を勉強している今だから気づくのでしょう。
でもだれも愛について中国語で教えてはくれませんが・・・

映画では当時の上海が出てくるわけではありませんが、ヘイワースの過去を示すバックグラウンドとして退廃した街のイメージが当時は強かったのかも知れません。
チャイナタウンの劇場で行われる京劇が後半登場し、ストーリーを転換させる異化作用を効果的に発揮しています。
でも演目はなんだろう、こんなトリビアきっとだれも分からないに違いないですね。
b0102720_20564782.jpg


最後の、ガラスの館の場面は圧巻、緊張感の途切れないプロット、個性的な俳優の魅力、(オールド)映画ファンには見逃せない作品だと思います。
b0102720_20572487.jpg


[PR]
by chinafish | 2007-05-23 21:01
<< Cpod Intermedia... Media - 是飞碟吗? >>