人気ブログランキング |

タグ:パンダ ( 1 ) タグの人気記事

大熊猫“安安” 和 “姬姬”

b0102720_1715140.jpg


こけしさんという方のブログの記事にあった、

雑誌『anan』名前の由来はパンダらしいです

に触発され、ネットでいろいろ調べてみた。

http://chaimama.blog62.fc2.com/blog-entry-125.html




アンアンという雑誌名は創刊当時モスクワ動物園で飼育されていたパンダの名で、一般公募で選ばれたらしい。

ネット上の情報によると、このアンアン(安安)はオスのパンダで、
1959年、2歳のときに中国からモスクワ動物園に寄贈
1968年、ロンドン動物園にいるチーチー(姫姫)との交配のために、モスクワ動物園から貸し出され9ヶ月間滞在
1972年10月、モスクワ動物園で死亡(15歳)
とあった。

雑誌の名前に決まるまでの経緯としては、
1)一般公募で選出
2)編集部員が68年夏、ニュースでロンドンに貸し出されたパンダの写真を初めてみて、ひらめいた

という2説が載っていた。どっちが正解だろう?

次は、アンアンがモスクワへ送られたときの面白い顛末。

一对鸳鸯换成一对鳏夫
  1957年,中国政府将宝兴县盐井乡的雄性“平平”和硗碛乡的雌性“碛碛”两只大熊猫赠送给前苏联,在莫斯科动物园饲养展出。饲养一段时间后,主人认为两只大熊猫均为雄性,便将“碛碛”送回北京动物园,要求换一只雌性大熊猫与“平平”配对。1959年,产自宝兴中坝乡的“安安”被误认为雌性大熊猫,送到莫斯科动物园。后来才知,“安安”是雄性,“碛碛”是雌性。交换来交换去,把一对鸳鸯换成了一对鳏夫。后来,“平平”在1961年去世,而“安安”也未找到一个终身伴侣,直到1972年10月郁郁寡欢而死。


1957年、オスの“平平”とメスの“碛碛”がモスクワ動物園に送られた。ところが、モスクワ側が両方ともオスだと言って、“碛碛”を送り返し、メスを送って欲しいと中国に依頼。そこで“メス”の“安安”が送られたが、実は“安安”はオスで、送り返された“碛碛”はメスだったことが後から判明。もともとツガイだったのに、男やもめ2頭になってしまったという話。なんとなく作り話みたいな気もしますが・・・。

ちなみに雑誌の創刊は1970年、カンカン・ランランが上野へ来たのが1972年、もう30年以上前の話だ。
安安が生きていれば、今年49歳、中国・モスクワ・ロンドンと色々忙しい一生を過ごし、日本の女性雑誌の名前として今なお語り継がれている(?)とは面白い顛末です。


以下は、アンアンのお相手だったチーチー(姫姫)に関する記述。

1958年,奥地利动物商人海尼来北京旅游,通过谈判,他用3头长颈鹿、2头犀牛、2匹河马、2匹斑马的代价,与北京动物园交换了一只3岁的雌性大熊猫“姬姬”。海尼带着“姬姬”先后到莫斯科、柏林、法兰克福和哥本哈根巡回展览,然后在1958年以12000英镑的价格将“姬姬”卖给英国,饲养于伦敦动物园。1966年,“姬姬”乘英国皇家空军先锋号飞机,到达生活过的莫斯科动物园,试图与“安安”组建成家庭,但未能配成对。1968年8月,安安又前往伦敦动物园与“姬姬”试亲,同居一室9个月后,还是“不来电”,遂分开。“姬姬”在1971年7月去世。


これを読むと、チーチー(姫姫)は、友好大使として送られたのではなく、動物商人に買われ、モスクワ・ベルリン・オランダと見世物旅行に連れて行かれ、イギリスに売られたらしい。

なおこのチーチー(姫姫)は、1958年に一旦アメリカに送られたが、共産主義国からの荷物は受け入れられないという米国法に引っかかり(ホントかな?)ロンドン動物園に迎えられた。

イギリスは子作りの相手を当初中国に依頼、しかし当時共産国と資本主義国は仲が悪く拒否され、結局同じ共産国ではあるものの、ソ連が救いの手を差し伸べたようです。
そこで、モスクワから入婿の安安を向かえたチーチー(姫姫)だが、実はそれに先立つ1966年、モスクワ動物園に、同じアンアン(安安)との交配のために7ヶ月間来園している。

モスクワとロンドン、2つの都市を行ったり来たりして子作りにトライした二人だが、結局どちらも上手くいかなかったらしい。

当時のイギリスの新聞は、こう伝えています。
Arena recalls the bizarre tale of Chi Chi the panda who, refused entry to America in 1958 because of a US embargo on communist goods, came to London Zoo amid mass media attention.

その後子作りが上手くいかなかったことに対しては、
A watched Kettle never boils(やかんは見守っていると決して沸騰しない)

と伝えたとか・・・

アンアン(安安)よりも、チーチー(姫姫)の運命の方がドラマチックな感じがしますね。

その後、アンアン(安安)と国境線をまたぐ結婚生活を営み、1972年7月に15歳で死んでいる。アンアンに先立つこと約3ヶ月。

国外大熊猫的寿命统计更偏低一些,从1937年苏琳死亡算起,据对已经 死亡的27只大熊猫统计,平均寿命只有8.5岁,过去寿命最长的是伦敦动物 园的姬姬和莫斯科动物园的安安,都超过了15岁。现在的平均寿命有所增长, 如华盛顿动物园的玲玲和兴兴都超过了20岁。


アンアン、チーチーは長生きした方だと書いてあります。


最後に、
パンダ外交といわれ、国家友好のため世界のあちこちにパンダが送られましたが、パンダ外交第一号は日本に送られたもので、685年に天武天皇に2頭のパンダが送られたと日本の皇室記録にあるそうです。

これが事実なら大変ですが、どうも怪しいですね。
本当かどうか、皇室の方教えていただけないでしょうか?


  
从1957年到1982年期间,我国先后向前苏联、朝鲜、美国、法国、德国、日本、西班牙及墨西哥等9个国家,赠送大熊猫23只。另外以其他动物交换一只,借养一只。作为和平友好的使者,这些大熊猫走出国门,播种着和平与友谊,受到上述国家人民的欢迎。
第一次出国定居日本
  早在公元685年,中国历史上唯一的女皇武则天就将一对熊猫作为国礼赠给日本天武天皇,揭开了大熊猫作为友好使者出国定居的序幕。此事被日本史学家写入日本皇家年鉴。

b0102720_1630396.jpg


by chinafish | 2006-10-23 16:12